ひまわり保育園

〒359-0041 埼玉県所沢市中新井435

TEL 04-2942-8774

今月のひまわり

2018年 10月 October

最近の保育園の様子

園長 猪又真紀子

 0歳児の育ちは、“人”になっていく過程の土台となっていきます。
 少し前にこどもと目を合わせて話しかける“目交(まなかい)”の大切さを書きました。まっすぐに見つめる瞳に何か応えたくなる愛情を湧き上がらせてくれます。あやす時代はかわいいので、つい見つめ合います。
 這い這い・伝い歩き・歩行が始まると、こども自身が何かをジーッと見つめ、振り返って伝えようとする仕草が出てきます。“見返り・振り返り”の始まりです。そのときこそ、こども自身が見つけたものや出来事に共感した言葉を大人がかけることが大事です。例えば「ワンワンいたね」「お兄ちゃんヨードンしてるね」など、こどもの目に映っていることを伝えることで、理解していく事が増えてきます。

それと同時に歩行の前の這い這いの重要性を日々感じます。
 どうしたらしっかりとした体幹づくりになるのだろうかと這い這いが楽しくなるように、リズムあそびやマッサージ、わらべうたあそびなどをしながら働きかけています。
 両腕がしっかりと床に着いて4這い(両手両膝を着く)、6這い(両手両膝両親指を立てる)、お尻を高く上げての高這い(両手両足)、このあそびがとっても大事になっていきます。ぞう組になると高這いの完成形でぞうきんがけもしっかりしてきました。

ひよこ組の作品より

大きな紙を出すとこども達は集まってきて、好きな場所でなぐり描きです。たくさん手を動かして楽しそうに描いています。

*各年齢の最近の作品は「ひまわりアートページ」でもご覧になれます。
ひまわりアートへ

10月
真紀子先生の子育てメッセージ

 からだを動かすのが気持ちのよい季節になってきました。暑さが緩むと同時にひまわりのこども達は外に向かって出て行きます。
 ひよこ組は、自分では動けなかった時代から、腹這いを覚えた途端もっと楽しいところはどこかな?と探しているかのように這い出してきています。歩行がしっかりしてきたこども達は、自分の行きたいところに行きます。保育士は目も手も体も全身でこども達の動きについています。りす組は動きにゆとりが出てきています。自分より小さいお友達にお世話をしながら一緒にあそぶ姿もでてきていました。うさぎ組以上になると、「運動会にやろうね」と音楽をかけると一緒に踊って楽しんでいます。
 幼児になると一生懸命に走ることがより楽しくなってきます。ぞう組から始まったリレーは、自分もやってみたいと思うことの一つのようです。紅白のバトンを持って走り回っています。“あのぞう組さんのように”とイメージしながら走っている姿からも感じとれます。今年もソーラン節の音楽が流れてくると「ソーレヒケヨイショ!!」と大きなかけ声と共に腰を低くしたこどもたちの姿が増えてきます。見よう見まねでもなかなかさまになった格好を見せてくれます。
 でもみんなが楽しんでいるところにすんなり入れないこともあります。イメージができないことがあったり、まだその気分にならなかったりと理由はあります。そんなとき、その理由をわかって、ゆっくり解決していきたいものです。行事の日程は決まっていますが、こどもたちの思いが行事とつながり、楽しい運動会につながっていくことを願います。
 ※天の神様どうか今年こそ気持ちの良い天気にして下さい…。

今月の予定

給食・おやつ献立表

— 10月 —

 急に寒くなってきて、体調を壊しやすい季節です。
そんな季節ですが、ひまわりの子ども達はもりもり食べて元気いっぱいに遊んでいます。
今月は朝ごはんの話です。

朝ごはんを食べるとこんないいことがあります。

  1. 体温が上がる!

    からだ全体がぽかぽかしてきて、目が覚めます。

  2. 脳に栄養がとどきます!

    寝ている間も脳は昼間と同じように働いています。
    朝ごはんを食べないと昼間に使う栄養がなく、元気が出ません。

朝は一日の中で一番忙しい時間かもしれませんが、子ども達が思いっきり遊べる力を家族みんなでチャージしませんか?

給食室一同


★朝ごはんってカンタン!おいしい!

  • ごはんはおにぎりにしておけば、朝はレンジで温めるだけ
  • みそ汁は、たくさんの野菜と煮干し、豆腐などを入れて野菜に火がとおったらお味噌を入れて出来上がり。夕飯にたくさん作っておくと、朝は温めるだけです。


ひまわり保育園レシピ

あそぼう会・子育て支援情報

子育て支援室よりお知らせ

(予定が変更・中止の場合はこちらに記載されます)

    2018年7月1日更新

  • *ただいま特にございません

 ひまわり保育園の子育て支援事業は、あそぼう会・園庭開放・プール開放・紙芝居屋さん・育児相談・お誕生会などがあります。
 概要などは「子育て支援概要」をご覧ください。

ご利用いただく時のお願い

  • *季節によって園庭がぬかるんでいる時がありますので、保護者も汚れてもいい服、靴、でいらしてください。
  • *インフルエンザ等が園内で流行っている場合、あそぼう会・園庭開放は中止になることがあります。ご了承下さい。
  • *予約が必要なものは直接支援室担当または事務室に声をかけて下さい。お電話でも受け付けます。(04-2942-8774)

支援室カレンダー

支援室コラム

— 10月 —

おやつのはなし

 食欲の秋がやってきました。今回は、「おやつ」についてのお話です。
  「おやつ」と聞いて皆さんは何をイメージされますか?チョコやあめ、ガムでしょうか。 実は、「おやつ」には定義があり、「3回の食事で得ることの出来ないエネルギーを補うもの」とされています。子どもは、今日一日を元気に過ごす為のエネルギーに加え、大きくなる為のエネルギーが必要です。つまり、おやつは4回目の食事なのです。食事であれば、チョコやあめは食べませんね。「おやつ」にはおにぎりやお芋、うどんなどの炭水化物がお勧めです。お腹いっぱいになるほど食べる必要はありません。ホッと一息でき、午後が元気に過ごせるパワーをおやつからもらいましょう。
 さつまいもが美味しい季節です。ほかほかに蒸すだけでも簡単で美味しいおやつになりますよ。

子育て支援室より

広報誌おひさまダウンロード

2018年4月〜2019年3月まで

※こちらのファイルは全てAdobe Acrobat Readerでご覧になることができます。
 下の年月をクリック(タップ)するとPDFが表示されます。ブラウザーによっては、表示せずダウンロードのみの場合もあります。

<
このページの先頭へ